機械部品加工のみから、設計・製作の出来るメーカーへの成長を目指しての 悪戦苦闘についての日記
by  日  高  製  作  所          
 
小型 定量フィーダー ご案内 !           ☆ 仕様書・価格はこちらまで! ☆    
ha-02.jpg
 1軸小型定量フィーダー  Ha−02型      サイズ  367mm(横)×134mm(幅)×211mm(高さ)   
ホッパーの容量 : 約 1.4L      重量 : 約 9Kg  
動画を見たい方はこちらをクリックして下さい。

2011年02月08日

FANUC 制御装置のバッテリー切れ

FANUCの制御装置のバッテリーが切れてしまいました。
大隈豊和のNC旋盤の制御装置は、FANUC仕様のモノを使っています。しかし、お正月も重なって長い間電源を入れなかったため、警告のアラームを通りすぎて、完全にバッテリーが切れた状態から立ち上げたため、アラームだらけで自分にとっては久しぶりのトラブルに会ってしまいすったもんだでした。

FANUC denti.JPG
 


 私のところでは、FANUC 18-T に、接続されていたバッテリーは、上の写真のような1個で3Vのモノが2個直列につながっているタイプです。
 3V×2=6V Z軸で1個 X軸とA軸(刃物台の回転)で1個使用しているようです。
 知り合いの所のNC旋盤(中村留製FANUC仕様)が同じようにアラーム番号が出たときに交換した電池は、通常の1.5Vの単1の電池でした。それを覚えていて何で自分のところは上の写真の電池でなければならないのか不思議に思っていました。機械を買った当時の話なので、1998年の頃です。

 疑問 その1
 何でこのように容量の小さい電池を使うのかわからない。
 疑問 その2
 中村留社製のFANUC仕様は一般の乾電池何に対して、大隈豊和製のFANUC仕様はFANUCで販売している高い電池を使わなくてはならないのか?

 それなりに制御装置の機械に詳しい人から聞いた話です。(出処を教えない約束で聞きました。)
 元々ここで使われる電池の仕様は、FANUCの仕様ではなく納入先の機械メーカーの仕様に合わせてあるそうです。そのため、制御装置の配電盤の中のスペースに小さく収まることを目的とした場合、写真のような小さい電池で対応できるようになったそうです。
 見栄えや見てくれ、スッキリとしたスタイルを気にしなければ、実を取る形をとると一般で売られている1.5V×4個仕様のモノと何ら変わりがないそうです。

 その話を聞いて1か月後(機械を買って2年ぐらいしたところ)で、バッテリーの容量が少なくなったアラーム番号が表示されました。


 そこで、FANUC仕様の電池から一般で売っている電池仕様に変更することにしました。

 
denti casu.JPG


 先ずは、単1のアルカリ電池を少々高いですが購入しました。そして、単1電池を4個取り付けられるケースと、少し太めの線を購入。 3点で済みます。

 基板から電池へ来ているコネクターの電線を再利用して、なるべく電池に近い所で切断して、買ってきた線をつないで延長し、電池ケースへ接続すれば実質同じことになるわけです。

 この時に注意する点が何点かあります。
 一番大事な点は、バッテリーを基板からコネクターを外す時は、機械側の電源を入れておかなければなりません。でないと、電池が接続してないので当然、内部のデーターがすべて消えてしまう可能性があります。前もって準備してからとりかかって下さい。

 コネクターの線を延長する時は、使用している線より同じかモノかそれよりも太い線なら問題ないので、線の太さに注意して下さい。そんなに電流を流すわけではないと思いますが、念のため同じくらいの太さがベストです。

 取付前に必ずバックアップを取って置き、バッテリーの接続状態でアラームが変化するのを確認すること。 改造バッテリーを取りつけたら、アラームが無くなったのを確認して主電源を落とせば問題はないと思います。
 当然として、直流ですから+・−を間違う事のないようにして下さい。
 私自身上記の事を行ってうまくいかなくても責任は取れませんので、あくまでも、自己責任でおこなって下さいね。

 FANUC仕様の電池で、2年半ぐらいの寿命でした。  1996/10 〜 不明 
 単1アルカリ電池仕様に交換して、         不明  〜 2006/9/3 
 2回目                     2006/9/3 〜 2011/1/10
  
kinai.JPG

  
取付風景


 機械の使用頻度で寿命はかなり違うようですね。
 参考になりましたか?

でわでわ

posted by 職人小僧 at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 工作機械 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184844791
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

バンダイチャンネルのFLASH再生プレーヤー


自分のブログに、ガンダムを貼り付けてみました。  昔なつかしのガンダムです。



プレミアム バンダイ ガンダム30周年記念キャンペーン

ガンダム30周年記念キャンペーン


ちょっとした 遊び心です。 配信期間終了は、バンダイチャンネルへのリンク画像に切り替わります。

でわでわ
  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。